広告募集中広告募集中

登録者数200万人に迫るのになぜ無名?三海フミヤを特集!

登録者数200万人に迫るのになぜ無名?三海フミヤを特集!

今回のNEXTニュースではチャンネル登録者数200万人間近の大人気ユーチューバーに迫ります。

 

今回特集するのはYouTubeチャンネル「FumiShun Base」を運営されている日本人男性ユーチューバー「三海フミヤ」さん。


もしかすると、名前を知らない読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

なぜなら「三海フミヤ」さんは東南アジアにある国フィリピンを拠点にして活動されてるユーチューバーだからです。

 

日本での知名度が低い一方で、フィリピンではテレビに出演されるなど、YouTube以外のフィールドでも大活躍されています。

 

今回のNEXTニュースでは、ユーチューバー三海フミヤさんと三海フミヤさんが日本でオープンされた交流スペース「FumiShun Base Hamamatsu(フミシュンベースハママツ)」について特集しています。


フィリピンで最も有名な日本人ユーチューバー「三海フミヤ」さんとは

ユーチューバー三海フミヤさんは、1995年3月19日生まれの静岡県出身の日本人男性。

 

本名は「三海郁弥(さんかいふみや)」と書きます。

 

2020年2月時点で24歳、2020年3月19日の誕生日を迎えると25歳になります。

 

三海フミヤさんはホテルマンを養成する専門学校を卒業後、会社員として帝国ホテルに就職されました。

 

2016年9月、三海フミヤさんは初めてYouTubeに動画を投稿。

 

三海フミヤさんが運営されているYouTubeチャンネル「FumiShun Base」を開設されました。

 

開設当初は友人とのお出かけや旅行の様子を撮影した動画ブログ(Vlog)を投稿されていました。

 

会社を辞めてフィリピンへ!現地生活をYouTubeで発信


2017年、三海フミヤさんが22歳の時に会社を退職し、語学留学のためフィリピンのマニラへ。

 

フィリピンでの生活を撮影した動画投稿をスタートされました。

 

フィリピン留学中に投稿されたとある動画が大ヒット!

 

ヒットした動画の内容は三海フミヤさんが、孵化直前のアヒルの卵を茹でたフィリピンの料理「バロット」を食べるというもの。

動画で三海フミヤさんがバロットを食べるリアクションがおもしろいと、フィリピン人視聴者に大ウケする結果に。

 

そこから三海フミヤさんの人気に火が付き、チャンネル登録者数や動画の再生回数が急上昇しました。

 

YouTubeで動画投稿を開始されてからおよそ1年で、「FumiShun Base」のチャンネル登録者数は24万人、最高再生回数は110万回に到達

 

2019年上半期の日本人ユーチューバー登録者増加数では、米津玄師さんに次ぐ3位という勢いです。

 

2020年2月18日時点では「FumiShun Base」のチャンネル登録者数は192万人超で、最も人気の動画の再生回数は273万回再生。視聴回数にいたっては800万回に迫っています。

 

YouTube動画でのバズをきっかけに、三海フミヤさんはフィリピン発の日本人ユーチューバーとして本格的に活動をスタートされました。

 

三海フミヤさんはYouTubeに留まらず、ファッションブランドの立ち上げやモデルなども経験。

 

また、フィリピンの人気テレビ番組に出演し、歌手や俳優として、テレビスターとしても活躍されています。

 

三海フミヤさんの公式ブログではSNSのフォロワーの割合の多数がフィリピン人と発信されており、名実ともにフィリピンで最も有名な日本人となったのです。

 

三海フミヤさん2020年2月時点でのInstagramのフォロワー数は74万1000人、Twitterのフォロワー数は15万7000人です。

 

Instagramのフォロワー数は同じHIKAKINさんと同程度あり、三海フミヤさんのフィリピンの知名度や人気の高さがわかってもらえるのではないでしょうか。

 

三海フミヤさんが静岡県浜松市に交流拠点「フミシュンベース浜松」を設立

フィリピンで人気の三海フミヤさんですが、肺気胸治療のため2019年12月に日本へ帰国。

 

入院中に考える時間ができたことをきっかけに、故郷の浜松市に交流拠点を作りたいという気持ちになったようです。

 

交流拠点のコンセプトは秘密基地。日本とフィリピンをつなぐことを目的とされています。

 

2020年2月16日、三海フミヤさんは出身地の静岡県浜松市に作った交流拠点「FumiShun Base Hamamatsu(フミシュンベースハママツ)」をオープンされました。

「FumiShun Base Hamamatsu」では、三海フミヤさんがYouTubeで使用された衣装や小道具、三海フミヤさんの等身大パネルなどを展示。

 

来場したファンがメッセージを書くボードの設置や三海フミヤさんが自分でデザインされたグッズも販売されています。

 

オープン初日から およそ50人のフィリピン人が行列をつくる程の盛況ぶり。

 

静岡に限らず、東京や名古屋などの遠方から「FumiShun Base Hamamatsu」に足を運んだ日本在住フィリピン人が訪れたそうです。

 

まとめ:異文化料理にチャレンジした動画からスターへ

今回のNEXTニュースでは、フィリピン発日本人ユーチューバー三海フミヤさんと、三海フミヤさんが静岡県浜松市にオープンされた「FumiShun Base Hamamatsu(フミシュンベースハママツ)」のことについて特集しました。

 

三海フミヤさんはフィリピンで投稿されたチャレンジ動画をきかっけに、チャンネル登録者数190万人超、視聴回数800万回という人気ユーチューバーへの道を駆け上がりました。

 

動画投稿から2年で、フィリピンで知らない人はいないほどの最も有名な日本人となりました。

ユーチューバーNEXTは三海フミヤさんを引き続き応援しています!

 

次世代ユーチューバーの応援メディア「ユーチューバーNEXT」では、海外エリアで活動している海外系ユーチューバーを特集しています。

 

ぜひユーチューバーNEXTのWebサイトをチェックしてみてください。