広告募集中広告募集中

ユーチューブの収益はいくら?金額目安や仕組みを解説

ユーチューブ 収益
子どもがなりたい職業ランキングでも上位に位置するようになったユーチューバーは、果たしてどれほどの収益をあげているのでしょうか。

今回はユーチューブであげられる収益を、その仕組とあわせて紹介します。

ユーチューブで収益を得られる理由(仕組みの解説)

ユーチューブに動画をアップするユーチューバー達は、主に広告収入でお金を稼いでいます。よくユーチューブの動画を見ていると、動画の始めや合間に広告が流れることがありますが、これがいわゆるユーチューブの広告です。ユーチューバー達は、この広告が表示される、もしくはクリックさせることで広告収入を得ます。

グーグルが提供するGoogle AdSense(グーグル アドセンス)というサービスがあり、これを利用することで、ユーチューバー達はユーチューブ上に広告を表示できるようになります。

このGoogle AdSenseのサービスでは、広告枠を提供したいユーチューバーと、グーグルに広告を出稿する企業の仲立ちを行います。実際には、どのような商品やサービスの広告が表示されるかは、グーグルのアルゴリズムで決定されます。そのため、ユーチューバー側は広告の選定などに時間を割く必要はありません。その代わり、グーグルは広告出稿料金の一部を手数料としていただくこととなります。

広告収入のほかにも、ユーチューブにはSuper Chatやスポンサーといった仕組みもあり、これらを活用して収益を上げることができます。Super Chatは、いわゆる投げ銭のことを指し、視聴者から直接お金が貰えます。一方、スポンサー機能では、会員から毎月決まった額を徴収することができます。

広告の種類

ユーチューバーが広告収入を得る方法には、Google AdSenseを利用する方法と、企業から直接宣伝依頼を受ける方法の2つに分けられます。

Google AdSenseの広告は、インストリーム広告、オーバーレイ広告、サイドバー広告の3つがあります。これらの広告は、表示方法や表示場所が異なります。

企業から直接宣伝依頼を受ける場合は、その企業の商品やサービスをPRする動画を作成するのが一般的です。このように企業からの直接的なPR依頼は、企業案件と呼ばれています。

ユーチューブで得られる収益はいくらか

ユーチューブの収益は、クリック単価、視聴回数当たりの単価、Super Chat・スポンサーの収益、企業案件の単価から見積もることができます。

これらの収益について以下で詳しく解説します。

クリック単価

クリック単価とは、ユーチューブの画面に表示された広告を視聴者がクリックすることで発生する報酬のことです。クリック単価は、広告の内容により変わりますが、一般に1クリック30~100円程度とされています。もちろん、広告によっては1クリック100円以上の報酬が発生することもあるので、あくまで目安と考えておきましょう。

視聴回数当たりの単価

ユーチューブ 収益

ユーチューブの動画に企業広告を挿入した場合、1回の視聴で約0.1円の報酬が発生するといわれています。しかし、実際にはユーチューブの規約により、広告単価などを開示することが禁止されているため、正確な収益は実際にチャンネルを運営している方にしか分かりません。ゆえに、1再生0.1円と計算しても正確に収益が算出できる訳ではないのでご注意ください。

もちろん、表示される広告の内容によって、単価は変動するため、実際の報酬システムはもっと複雑です。

Super Chat・スポンサーの単価

Super Chatは、投げ銭を行う視聴者の数や、投下金額によって報酬が変動します。視聴者1人が投下できる金額の上限は5万円で、1回のライブ配信で20万円以上稼ぎ出す方もなかにはいます。なお、Super Chatで得た利益の3割は手数料としてユーチューブ側に徴収されます。

スポンサーの場合も、会員の数によって報酬が変動します。会員費は月額490円なので、会員数が分かれば簡単に報酬が算出できます。なお、スポンサーの場合も利益の3割がユーチューブ側に徴収されます。

企業案件の単価

企業案件については報酬が非公開となっているため、単価を割り出すのは困難です。また、企業によって報酬が大きく異なることが予測されるため、収益の目安を決めるのも難しいです。

ただ1ついえることは、企業案件を貰うとユーチューバーは大きな報酬を得ることができるということ。人気ユーチューバーともなると、1つのPR動画を作成するだけで数百万単位のお金が動くこともあるとされています。

ユーチューブで収益を得るためのポイント

ここでは、ユーチューブで収益を得るための2つのポイントを紹介します。

チャンネル登録者数を増やす

ユーチューブで稼ぐためにまず行うべきことは、チャンネル登録者数を増やすことです。なぜなら、ある一定の登録者数がいないと広告を掲載することや、Super Chatを利用することができないからです。

Google AdSenseの広告を掲載するためには、チャンネル登録者数は1000人以上であることが必須です。ユーチューバーとして活動を始める方は、まずは登録者数が1,000人を超えることを目標にするとよいでしょう。

興味を引く動画を作る

ユーチューブで収益を得るためには、多くの人が興味を引くコンテンツを作ることが大切です。どんなに良質な内容だとしても、需要が無ければ意味がありません。

ユーチューブもビジネスの1つです。ビジネスであれば、競合がどのような商品を出しているのか、どのような商品が世間に受けているのか調べるのが普通です。趣味で動画制作をしているのであれば、ただ単に好きな動画をアップするだけでもよいですが、お金を稼ぐことを目的とするのであれば、ユーチューブという市場の研究は必須でしょう。

今日からユーチューバーになれる

ユーチューブの収益システムやお金を稼ぐポイントについて解説しました。ユーチューブで受けのよいジャンルを選定することはとても大切です。ユーチューブでは、誰でも簡単に動画をアップすることができ、あなたも今日からユーチューバーとして活動することが可能です。

しかし、ユーチューブで収益を上げることは決して簡単なことでありません。日々コツコツと動画をアップし、どのようなコンテンツが視聴者に受けるのか試行錯誤できなければユーチューバーとして大成することは難しいでしょう。それでもユーチューバーを目指したいという方は、まずは1つ動画をアップしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。