広告募集中広告募集中

子供がユーチューバーを目指すのは危険なの?子供をユーチューブに出演させる際の注意点!

子供 ユーチューバー

ユーチューバーの活躍の場が広がっていくに伴って、将来はユーチューバーになりたい子供が増えてきています。
実際に、子供でありながらユーチューバーになった事例もあり、それを巡って物議をかもしていることを多くの方がご存知のはずです。

子供がユーチューバーとして世に出ることはどんなリスクがあるのでしょうか?
今回は「子供のユーチューブ出演の是非」について考えていきたいと思います。

13歳未満のユーチューブの利用は禁止されている

ユーチューブでは13歳未満の子供が単独で動画を視聴したり、投稿することは規定で禁止されています。13歳以上20歳未満であっても、保護者の同意が必要です。

また、ライブ配信については13歳未満の子供による単独での配信を禁止し、成人以上の同伴者がいる場合にのみ配信を認めるルールがあります。

ユーチューブを利用する上で子供と保護者がしっかりとルールを知り、守らなければなりません。

子供がユーチューバーになったときの危険性

幼いうちからユーチューバーになってしまうと、多くのリスクや危険があります。
代表的なものについて詳しく見ていきましょう。

炎上する危険性

ユーチューバーとして動画を投稿することで炎上する危険性があります。実際、不登校の子供がユーチューブに投稿した動画が炎上したケースもありました。

精神的にまだまだ未熟な子供が見ず知らずの誰かに誹謗中傷されるわけですから、将来に渡って心に大きな傷を負う可能性があります。

そして、それがきっかけとなって学校でいじめを受けたり、不登校になることも考えられますよね。

不登校であることを公表しているキッズユーチューバーもいますが、賛否両論があるのは事実です。

個人情報が流出する危険性

ユーチューバーとして人気者になることは、メリットばかりではありません。

これまでの有名人が被害にあってきたように、個人情報が流出するリスクも大きくなります。

有名人になると恨みも買いやすく、悪意を持った人の標的になる可能性が高まります。
実際にキッズユーチューバーが住所を特定されたこともあり、本人や家族のプライバシーは長らく問題視されています。

ネット上から完全に動画を削除することができない

ユーチューブにいったん動画を投稿すると、完全に削除することはできません。

自分のチャンネルに投稿した動画は削除することができますが、悪意のある第三者がそれを流用して削除したはずの動画をアップロードする可能性もあります(インターネットタトゥーとも呼ばれます)。

ですので完全に動画を削除するというのは不可能であると認識した上で、動画の投稿には細心の注意を払わなければならないのです。

子供をユーチューブに出演させる際の注意点は?

ユーチューバーになるのは様々なリスクがありますが、どうしても子供がユーチューバーになりたいと主張することもあるでしょう。

子供をユーチューブに出演させる際は、親がしっかり監視する必要があります。子供に任せっきりにするとトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いので、これまで説明したリスクをきちんと話し合って動画投稿することが重要です。

まとめ:子供がユーチューバーを目指すのは危険なの?子供をユーチューブに出演させる際の注意点

いかがでしたか?今回は「子供をユーチューブに出演することのリスク」について説明しました。

子供がユーチューバーになりたいと思うのは決して悪いことではありませんが、ユーチューブのガイドラインでも述べられているように子供単独で動画に出演することは禁止されています。

それもそのはず。炎上によって精神的なダメージを負ったり、個人情報が漏洩するリスクがあるからです。

もし将来、ユーチューバーになりたいと子供が考えているのであれば、しっかりと物事の分別のつくタイミングまで待たせることが大切です。
しかし、子供の時からユーチューバーとしてやっていきたいという熱い思いがあるなど、意思が固い時には親がしっかりと管理できる状況を作るようにしてください。