広告募集中広告募集中

ユーチューバーになるには?すべての疑問解決!

ユーチューバー なるには

「ユーチューバーになるにはどうしたらいいの?」「なにか特別な機材は必要なの?」「どのくらいの時間がかかるの?」などなどユーチューバーになるためにどんなことをしたらいいのかいろいろと情報収集している方も多いと思います。

ネットにもユーチューバーになるには・・・といった情報がいろいろあってどれを信じてよいかわからなくなるかもしれませんが、これを見ていただければとにかく疑問解決できる!という内容になってます。

1、ユーチューバーは誰でもなれる!?

ユーチューバーとはユーチューブに動画をアップして収入を得る仕事・・・、などというのは説明するほどのことでもありませんが、ユーチューバーになるために必要な資格や条件などはあるのでしょうか?

実際、ユーチューバーになるのはほぼ誰でもなれますが、2つだけ条件があります。その2つの条件から案内します。

  • ユーチューバーになれるのは18歳以上
  • 広告収入が得られるのは、チャンネル登録者数1,000人と視聴時間4,000時間をクリアしなきゃいけない
  • 2つの条件についてもう少し詳しく紹介します。

    ユーチューバーになれるのは18歳以上から

    ユーチューバーになるには18歳以上という条件があります。

    13歳から自分自身のアカウントでユーチューブに動画をアップすることができますが、広告を掲載できるのは18歳以上からだからです。つまり、18歳以上にならないとどんなに動画をアップしても収益が上がらない、ということです。

    子どもユーチューバーは、保護者の方のアカウントで活動するということですね。

    チャンネル登録1,000人以上・動画再生時間4,000時間(過去12か月)以上

    むしろ、多くのユーチューバーにとってネックになるのがチャンネル登録者1,000人と過去12か月間の動画再生時間4,000時間の条件です。これらの条件を満たしていないと広告収入を得るためのYOUTUBEパートナーズクラブに加入できないからです。

    4,000時間閲覧してもらうためには、10分の動画を何回視聴してもらわなければならないか?

    単純計算では、24,000回(4,000時間÷10分)です。もう少し細かくすると1か月あたり約2,000回、1日あたり約66回ということになります。※ただし、途中で視聴をやめるユーザーや動画を飛ばして見たい部分だけ見るユーザーもいるので、あくまで単純計算の場合です。

    条件(1,000人のチャンネル登録者+4,000時間の視聴時間)を満たすには、面白い動画をコツコツとたくさん公開することが必須条件です。

    2、ユーチューバーはどのくらい働くの?(動画制作にどのくらいの時間を費やすの?)

    条件を満たすためにはせっせと動画を公開していきたいところですが、動画を1本公開するためにはどのくらいの時間がかかると思いますか?

    あくまで目安ですが、だいたい作業時間は以下の通りです。

    • 1日の作業時間はだいたい2~4時間
    • 動画の本数はだいたい週に5本くらい

    動画編集時間は人それぞれ!目安は1本あたり2~4時間

    生配信のようなスタイルで撮影した動画をそのまま流しているユーチューバーもいますが、面白くて分かりやすい動画を作ろうと思ったら、字幕やBGM、効果音を入れたり、必要ない部分をカットしたりするなどの編集作業が必要です。そして、10分の動画を1本作るためにかかる時間はだいたい2~4時間程度です。

    実際、ほとんどのユーチューバーが動画を公開する際には編集して公開しています。ユーチューバーの動画を実際に見ていただいた方がイメージしていただきやすいと思います。


    「はじめしゃちょーのおもしろ研究所!Vol.2〜キャラパキ 100枚で全種類綺麗に発掘できるまで帰れません〜 バンダイ動画」

    日本を代表するユーチューバーの一人はじめしゃちょーの公開されている動画です。字幕、効果音、BGMなどテレビのバラエティー番組のようにかなりの編集がされているのがわかると思います。さらに、動画を細かくカットして、間がとても詰めてあるのも確認できますね。視聴者に飽きられないように、最大限の工夫がされている動画となっています。

    最初からはじめしゃちょーのようにはいかないと思いますが、ファンに楽しんでもらうためには編集作業が不可欠です。

    動画はだいたい週に5本くらいはアップする!

    チャンネル登録者を増やすためには、動画の本数は多ければ多いほど良いので、目安としては週に5本くらいアップしたいところです。週に5本ということは、【撮影時間+2~4時間×5時間】くらいはユーチューバーとして時間がかかるということになります。

    もちろん、平均的な時間なのでこの時間はあくまで目安時間ということにはなりますが、ユーチューバーとして稼ぐにはチャンネル登録者が増えて軌道に乗るまではこうした地道な作業が大事ということですね。

    上述した通り、チャンネル登録者1,000人、動画再生時間4,000時間という条件が必須なので、特に最初が頑張り時です!

    3、ユーチューバーになるには特別な機材は必要?

    結論としては、ユーチューバーになるにはスマホとノートPC1台は持っておきたいところです。

    特に最初のうちはユーチューバーとしての収益も上がらないのであまり機材にお金はかけたくないところだと思います。ですが、もし高画質、高品質にこだわるならアクションカメラやマイクなどを買いそろえるのもアリです。

    • PC+動画編集ソフト
    • アクションカメラ
    • マイク

    ・PC+動画編集ソフト

    最初にチェックしておきたいのが動画編集のためのノートパソコンと動画編集ソフトです。

    動画編集をおこなうには、PCが一台必要です。動画編集ソフトは、無料でも十分対応できるので、費用面では心配不要です。

    https://filmora.wondershare.jp/video-editor/?fm_channel=cpc_google&gclid=CjwKCAjwnf7qBRAtEiwAseBO_LX41sgJ2HBoRK4zgUxiH6VmHmLoGoUKkbtnE-8065NuJoCaJ5xv0RoCBk8QAvD_BwE
    例えば、こちらのムービーメーカーのような無料ソフトをダウンロードすればすぐに利用できます。

    アクションカメラ

    スマホでも十分に動画撮影可能ですが、画質や効果にこだわりたい方はアクションカメラに手を伸ばして見るのも一つの方法です。観光地レポ、食レポ、屋外での撮影などの場合はなおさらです。

    とはいえ、それほど高価なものを購入する必要はありません。3万円台程度の価格の物でも十分にズーム機能、ワイド撮影、手ブレ補正などの機能がついているので、迫力のある映像が撮れます。

    マイク

    スマホのマイクだとノイズが入ってしまうことがあります。特に屋外での撮影では、風の音や周囲の音などが邪魔をして撮りたい音を拾うのが難しいものです。

    そこで便利なのがマイクです。ビデオカメラに直接つなぐことができ、ノイズを最小限に抑えてクリアな音を拾うことができます。視聴者の目線で考えると、ノイズの少ない動画は耳にストレスが少なくて、長時間の視聴もストレスになりません。

    4、まとめ

    ユーチューバーになるには特別な資格は必要ありませんが、チャンネル登録人数1,000人と動画再生時間4,000時間が少し高めのハードルとして君臨しています。

    そのハードルを越えてユーチューバーとして活躍するには、質の良いコンテンツをたくさん配信することが一番の近道です。

    今回、紹介しているのはあくまで目安ですが、作業の時間を確保してコツコツと動画を公開して、ユーチューバーとしての条件を満たせるよう頑張っていきましょう。